【バージョンアップ】 SAXA ZC1000 ソフトウェアバージョンアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

2018年4月より、SAXAのVPNルーター「ZC1000」の最新ソフトウェアV.01.50がリリースされました。

既に設置済みのZC1000については、自動バージョンアップが実施されています。

 

主なバージョンアップ内容

① IP端末死活監視機能の追加

LAN側ネットワークに接続されたIP端末の死活状態を監視し、監視情報管理サーバに通知する機能を追加

 

② ZC1000死活監視機能の追加

監視情報管理サーバにて、ZC1000の死活状態を監視する機能を追加

 

③ iage 映像システム監視機能の追加

LAN側ネットワークのiage 映像システムに収容されたカメラや、録画用HDDの状態を監視し、監視情報管理サーバに通知する機能を追加

 

④ 指定宛先へ障害通知機能を追加(VPN管理サーバ上で設定可能)

ZC1000から障害イベントや、ZC1000の死活状況が変化した時に、指定された宛先に障害通知メールを送付することが可能に

 

⑤ 各種情報の定期レポート機能を追加(VPN管理サーバ上で設定可能)

収集した各種情報を集計し、レポートとして指定された宛先に定期的にメール配信する事が可能に

 

⑥ ローカルDNS機能追加

LAN側ネットワーク端末へローカルドメイン名によるアクセスが可能となる機能を追加

 

⑦ iOS向けリモートアクセス用プロファイルの拡張

ZC1000が出力するiOS向けリモートアクセス用プロファイルが、以下に対応しました。

(1) VPN on demand(通信したい時、Webブラウザや専用アプリケーションに連動して、VPN接続する機能。通信は暗号化されます)

(2) VPN方式 L2TP/IPsec

 

⑧ Android用リモートVPNアプリ対応

Android端末用VPN接続アプリケーション「リモートVPN-Android」に対応

 

⑨ ポートの省電力設定機能追加

Ethernetポートの省電力機能に、機能の「有効/無効」設定を追加

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly