ビジネスホンと携帯電話(スマホ)を連動させる機能、「モバイルリンク」のケータイ内線化で業務効率化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

ビジネスホンの「ビ」を運営している美品宣言★に、とある会社さんから

「外回りに出ている時でも、会社にかかってきた電話をケータイで受けることはできないかな」

というご相談をいただきました。

 

ビジネスホンはオフィスで使用するものですが、もし、外出先でもオフィスの電話を受けることができれば便利ですよね。

 

実は、その機能、ビジネスホンにあるんです!

各メーカーにあるのですが、NECの【 モバイルリンク機能 】が有名です。

モバイルリンク機能は、自身の使用している携帯電話(スマホ)をビジネスホンに連動して「内線化」することができます。

 

今回は、モバイルリンク機能についてご紹介していきたいと思います。

 

自分の携帯電話(スマホ)がビジネスホンに早変わりするモバイルリンク機能とは!?

モバイルリンクとは、NECビジネスホンの機能の1つで、AspireXシリーズから加わった新しい機能です。

自分の携帯電話(スマホ)に内線番号を登録する事で、場所を問わず携帯電話(スマホ)を内線電話として使用することができます。

また、モバイルリンク機能の使用にあたり、アンテナなど追加の機械は不要です。

 

モバイルリンクの利用方法は簡単!

携帯電話(スマホ)から簡単操作することで、自分の携帯電話(スマホ)が内線化されます。

 

画像参考資料:AXモバイルリンク機能

 

ただ、モバイルリンク機能を使用するためには、あらかじめ内線化したい携帯電話(スマホ)にモバイルリンク機能を連動させる必要があります。連動させるのは、専門的な知識を必要とするため、必ず工事が必要となります。

 

その「モバイルリンク機能」はどんな企業で導入されているのでしょうか?

導入例をまとめてみました。

 

導入例①―外出中の担当者宛への電話を取次ぎたい!急用時スムーズに電話を取次ぐ方法はないの?

「××の件について至急、〇〇さんと連絡が取りたいのですが・・・」

このような電話が会社にかかってきた時に担当者が不在の場合は、会社から担当者に連絡を取って折り返し電話をするように伝えるか、相手方に担当者の携帯電話(スマホ)にかけ直してもらうというのが一般的です。

 

しかし、クレームやトラブルで急を要する場合、すぐに電話を担当者に取り次ぐことが出来なくて、お叱りを受けるなんてことも考えられます。

そんなときは「 モバイルリンク機能 」がお勧めです!

モバイルリンク機能なら、呼び出したい相手が社内にいなくても、内線番号で呼び出すことができます。携帯電話(スマホ)の番号をダイヤルする必要がないため、スムーズに呼び出すことが可能なので、お客様を待たせたり、折り返すことなく取次ぎが可能です。

 

また、携帯電話(スマホ)の番号を相手方に教えたくないという方にも有効な手段です。

 

モバイルリンク、い~ね~!

 

導入例②―携帯電話(スマホ)にかかってきた電話をオフィスにいる担当者に取り次ぎたい。かけ直させるのも手間だし、何かいい方法はないの?

導入例①とは逆のパターンですね。

「ついでに、××の案件だけど、進捗はどう?」など、自分の担当外の案件について、問合せされることも中にはありますよね。

 

担当者じゃないと分からない内容なので、折り返し連絡させるか、担当者に確認してもらうように話すか、どちらかの対応になるのではないでしょうか。そんな場合でも、担当者にすぐ取り次ぐことが出来たら便利ですよね。

 

そんなときは「 モバイルリンク機能 」がお勧めです!

モバイルリンク機能を使えば、携帯電話(スマホ)にかかってきた電話を保留状態にし、オフィスへ転送することができます。

また、お客様からオフィスにかかってきた電話を携帯電話(スマホ)で受けることもできます。外部へは携帯電話(スマホ)の番号を公開することなく、個別のダイヤルイン番号を教えるだけで携帯電話(スマホ)を運用できるので、安心して使用できます。

 

操作方法も、「*」「#」を押下して保留にします。保留中に内線番号をダイヤルして、転送したい相手が出たらそのまま電話を切断するだけの簡単操作で転送できます!

 

モバイルリンク、い~ね~!

 

導入例③―オフィスは日中、人がいないので携帯電話(スマホ)に転送することは出来ないのかな?

日中オフィスに人が常駐していることが少ないということもありますよね。

会社にかかってきた電話の内容が緊急性の高い案件だった場合、対応が遅れてしまいます。

 

そんなときは「モバイルリンク機能」がお勧めです!

モバイルリンク機能なら、オフィスにいなくても携帯電話(スマホ)で外線着信の応答が可能です。

電話に出られないことによるビジネスチャンスの逸失や、信用を失うなどの不利益を防ぐことができます。

 

 

モバイルリンク、い~ね~!

 

導入例④―構内でコードレス電話機を使用したいけど、アンテナが設置できない構造だと言われた。どうにか使えるようにする方法はないの?

高い天井の建物や屋外、広い敷地などでは、構内アンテナの構築が難しいとされてきました。設置台数の制限や、電波範囲の問題で、コードレス電話を導入することが難しい場合もあります。

 

そんなときは「モバイルリンク機能」がお勧めです!

今まで構内アンテナの設置が難しいとされてきた場所でも、手持ちの携帯電話(スマホ)を内線化することで利用を可能にできます。

 

モバイルリンクは、公衆網の電波を使用する仕組みなので、携帯電話(スマホ)の電波が入る場所なら、どこでも使用することができるのです。

 

ただ、公衆網を使うサービスなので、固定電話から携帯電話(スマホ)への通話定額サービスを併用する必要があります。

 

モバイルリンク、い~ね~!

 

携帯電話(スマホ)からの発信だと、通話料がかかるから、ビジネスホンから発信したい!

【 AspireX 】の場合、「コールバック機能」を利用すれば安心して自分の携帯電話(スマホ)を使うことができます。

 

携帯電話(スマホ)から会社へワンコールし、すぐ切断すると、会社から呼び返しの電話がかかってくる「コールバック機能」がNECの【 AspireX 】なら利用することができるのです。

 

これにより、自分の携帯電話(スマホ)をそのまま利用しながら、会社が通話料金を負担する、ということが可能に。

携帯電話(スマホ)の通話料金ではなく、ビジネスホンの通話料金で利用できるのです。

 

 

モバイルリンク、い~ね~!

 

モバイルリンクを使うならNECの【 AspireX 】がお勧め!

簡単操作で携帯電話(スマホ)を内線化することができるのが魅力のモバイルリンク機能。ビジネスホンメーカーの中でも携帯電話(スマホ)の内線化に力を入れて取り組んできたNECの【 AspireX 】がビジネスホンの「ビ」ではお勧めです。

 

 

型式:NEC AspireX【モバイルリンク】オールインワンセット (主装置+ライセンス+周辺用品+ユニット+電話機4台セット)(AA004-AX)

中古価格:¥77,400 (税・工事費別・送料込・価格は掲載当時)

この商品を見てみる(美品宣言★直販店舗:アスパイ屋へリンクします)

 

以下の特長があります

  • これだけで、モバイルリンク機能が使える!
  • 電話機4台、電話回線はINS:2回線、連動可能な携帯電話8台分

スタイリッシュなデザインに定評のあるAspireXのモバイルリンク機能ライセンス付きオールインワンセットです。

ただし、工事料金は別途必要となりますので、ご注意ください。

 

まとめ

ビジネスホンに携帯電話(スマホ)を連動させる機能、「モバイルリンク」の大きな特長は2つ。

 

  • 業務効率が上がり、顧客満足度も高める
  • 通話料金の一本化でコスト減を後押ししてくれる

 

携帯電話(スマホ)の番号を知られたくないという方多くいる中、うまくビジネスホンの機能を使い、社員の満足度も、顧客の満足度も高めることが会社に求められていることの1つではないでしょうか。そのために「モバイルリンク機能」は最適の手段のひとつと言えます。

それではみなさま快適なビジネスホンライフをお過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly