ビジネスホンなどで電話会議を行う際に便利な「RealTalk C7」の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

普段仕事で会議をする事はあると思いますが、離れた場所にいる人といつでも音声会議が始められて、面倒な設定いらずで簡単に使えたら便利ですよね。

そんな時に利用できるのが「RealTalk C7」

「RealTalk C7」とは、音声会議を行うための装置です。

マイクとスピーカーが一体になっているので、複数の参加者がマイクを持たずに通話する事ができます。

簡単に電話会議をする事が可能なので、複数拠点でのコミュニケーション円滑化などに役立てる事が可能。

今回はそんな「RealTalk C7」の使い方について、ご紹介していきたいと思います。

 

RealTalk C7の基本機能

①ランプ(白い部分)

マイクレベル、スピーカーレベル、音量などを表示します。

②マイクミュートボタン(MIC MUTE)

ボタンを押すとマイクをオフにする事ができます。もう一度ボタンを押すとマイクオンに切り替わります。

③音量調節(VOLUME)

スピーカーの音量を16段階まで調節できます。

 

接続の仕方

通信機能はないため、電話機やパソコン、テレビ電話に接続し、マイク・スピーカーとして使用します。

電話機の場合

手順1 お使いのビジネスホンの受話器部分のカールコードを取り外します。

手順2  取り外したカールコードをRealTalk C7の側面にある、差込口(HS)に接続します。

手順3 LINE MODEを「HS」にします。

手順4 接続完了です。

手順5 あとは受話器を外して相手に電話をかけます。

 

電話機とは受話器のカールコード部分で接続するので、電話機の種類にかかわらず使用する事ができます。

(電話回線の種類は問いません)

 

パソコンの場合

手順1 パソコンとの接続はUSBを利用して接続します。

手順2 LINE MODEを「LINE」にします。

手順3 接続完了です。

※WEB会議も行う事ができますが、別途WEB会議サービスに加入する必要があります。

 

その他、オーディオポートがあればTV電話も利用可能。

6~8人程度のTV会議システムを構築することができます。

 

マイクの集音範囲

マイクの集音範囲は半径約3mまでは十分な音声で通話する事ができます

ちなみに、背面にあるマイクモードスイッチ(MIC MODE)を切り替える事で、集音範囲を変更することができます

<FRONTにした場合>正面方向のみ集音

<WIDEにした場合>全面180度集音

 

実際に試してみた

接続の仕方もわかったので、実際にどのように音声が聞こえるのか、試してみました。

今回はビジネスホンで着信した時の実験です。

 

 

 

結果

この後も通話してみましたが、音声も結構クリアに聞こえてビックリしました。

本当にこれだけでいいのかと思うぐらい接続や通話が簡単なので、これは便利かもしれません。

 

まとめ

「RealTalk C7」はスピーカーとマイクが一体になっているので、1台で電話会議、Web会議、テレビ会議などを行う事ができます。

エコーやハウリングも防止してくれるので、クリアな音質による音声会議が実現可能です。

接続も簡単にできるので、電話会議などをする際はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly