ビジネスホンを選ぶ時、色は白・黒どちらを選ぶ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

みなさんはビジネスホンを導入する際、どんなことを気にしていますか。

「こんな機能があるビジネスホンがいい」「メーカーはこれがいい」など導入する時に、こだわりを持っている方も少なくありません。

今回は導入するビジネスホンの「色」はどうやって選んでいるのかについて調べてみました。

 

ビジネスホンの電話機の色は大きく分けて「白」と「黒」

ビジネスホンはオフィスで使用する電話機なので、ベーシックな色合いの物が多く、基本的には「白」と「黒」の2種類に大別されます。

そこで、ビジネスホンの「ビ」を運営している「美品宣言★」のショッピングサイトで、3ヵ月の販売データを調査してみると面白い結果が出ました。

なんと、電話機の「白」を購入した割合が85%、「黒」を購入した割合が15%という数字が出たのです。

 

 

ビジネスホンは「白」が圧倒的に導入されている理由

なぜ、ビジネスホンは「黒」よりも「白」が多く導入されているのでしょう。調査してみると3つの理由が浮かび上がりました。

 

オフィスの大半が白を基調とした内装がベースとなっている

一般的な企業のオフィスは、壁や天井、机も白くデザインされています。

その理由として、オフィスを白基調とすることで、「閉鎖的な環境」になりがちな室内の視野を広く感じさせる効果がある事や、他の色に比べて清潔感があるためです。

そんなオフィスの空間に合わせてビジネスホンも「白」がベースになっているのかもしれません。

 

中古ビジネスホン市場の場合、「白」の方が圧倒的に出回っている数が多い

一般的な企業のオフィス内装が白をベースにしているので、デスクに置かれるビジネスホンもオフィス内装に違和感無く馴染む「白」で統一することが多くなります。

そのため、白のビジネスホンは多く生産され、結果的に中古市場にも多く流入されるため、価格も下がりやすく、手に入りやすくなります。

 

「白」以外の選択肢がなかった

ビジネスホンを購入する多くの企業では、営業担当が会社にきて、提案された機器を購入するケースが一般的です。その際、提出された見積内容に「白」か「黒」を選択するという事が書かれている事は、あまりありません。

「白」であればオフィス内装に馴染まないというトラブルはなく、多く生産されているため在庫がなくなる心配も少ないためだと推測されます。こういう場合、「え?黒もあったんだ!」と後から「黒」の存在を知るケースもあります。

 

そもそも「色」で選ぶ人は少数派!?

アンケートを取ると「ビジネスホンを色で選ぶということ自体があまりない」ということがわかりました。

受付電話なら、オフィスの顔として、お客様をお出迎えする場所に設置するため、「おしゃれなデザイン」にこだわりを持って選ぶ企業は多くありますが、業務の中心として使用されるビジネスホンは、お客様の目に触れる機会も少ないため、オフィスの内装に合わせて色を選ぶこと自体をしない企業の多いのかもしれません。

 

少数派でも「色選び」にこだわる企業もある!

アンケートを取ってみると、色に強くこだわりを持ってビジネスホンをご購入された方がいましたので、お客様がこだわった理由についてまとめてみました。

 

ケース①―清潔感のある「白」で統一させたい

以前より、複数回にわたりご利用いただいている企業様は、毎回「すべて白色の電話機で揃えて欲しい」という要望をいただきます。ご相談いただいた当初、希望されていた機種の白色を納期までに数量をご用意できる見通しが立たなかったため、黒色を交えてご提案したところ、清潔感と統一感を出したいから、納期を延長しても構わないので白色の納品してほしいと電話機をご用意させていただきました。

 

ケース②―オフィスの雰囲気に合うデザインのビジネスホンが欲しい

変わったケースとしては、オフィスの内装に合うビジネスホンのデザインが、この機種の黒色だから、これが欲しいというご要望をいただいたこともあります。ビジネスホン自体は電話がかけられれば良いとのことで、デザインに強くこだわりをお持ちの企業様でした。

 

近年では、「働きたくなるオフィスへ」というフレーズもあるように、オフィスの内装に力を入れている企業も多くなってきました。そのため、ビジネスホンの色ひとつとっても、印象が変わると考える企業も増えているようですね。

 

まとめ

今回は、さまざまな方面にアンケート調査を行ってきましたが、ビジネスホンの色に関心を持つ方が少ない反面、強いこだわりをみせてくれた方もいらっしゃいました。どんなオフィスにも「白」は大きな違和感なくマッチするので、大方の予想通り、無難な「白」が導入されているという結果となりました。

しかし、「白」は清潔感があり、人気の反面、年数が経っていくと徐々に色が日焼けしていきます。そして定期的に清掃しないと汚れも目立ってしまうというデメリットが実はあるのです。

そのため、ビジネスホンの「ビ」では、色にこだわりがないという方には、「黒」をお勧めします。

黒はシックな雰囲気でデザイン性があり、日焼けもしないのでオフィスのイメージを変える事なく使い続ける事ができます。

価格も中には黒の方が安い機種があるので、導入する際はぜひ「白」と「黒」でこだわりをもって選んでみるのも、面白いのではないでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly