ビジネスホンを自分でサシカエてみた-プロが教える10分で出来る簡単4ステップのサシカエ術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

オフィスでいつも大活躍のビジネスホン。普段はあって当たり前の存在ですが、いざ壊れるとその重要性に改めて気が付きますよね。しかし、ビジネスホンが壊れたからと言って、なかなか簡単に交換できるものではない。そう思われているのではないでしょうか。

今回はそんなビジネスホンを「工事なし」で誰でも簡単に交換できる、サシカエ方法をプロがお教えします。

 

そもそもビジネスホンは自分で差し替えることが出来るのか

ビジネスホンの知識がない人でも自分で差し替えることができます。しかし、それにはある特定の条件が必須となりますので、注意が必要です。その条件は2つ。1つ目は同一機種の同一型番であること。そして、2つ目は「NTT」以外のメーカーであることです(NTTでもサシカエは可能ですが、方法が異なるのでここではNTT以外のメーカーについてのサシカエ方法を説明します)。それぞれの理由について触れていきましょう。

<参考>NTTのビジネスホンを自分でサシカエてみた—15分で誰でもカンタンに出来る6ステップのサシカエ術を公開

条件1:同一機種、同一型番であること

ビジネスホンはメーカー毎にも多くのシリーズが販売されています。同じシリーズでも類似品が多く存在するのがビジネスホンの特長なので、同一型番のビジネスホンが必要となります。サシカエは、現状復帰を必要とする方に有効な手段なので、機能や台数を追加する場合は販売店に相談しましょう。シリーズや型番が違うと動作しないケースも多く、結果的に工事を依頼する形になってしまうこともあるので注意が必要です。

ここで1つ気を付けなければならないのが、同一機種の同一型番がすでに販売終了しているケースがあるという点です。新品で入手困難な場合は中古で購入することをオススメします。しかし、中古の販売店の場合でも、新品の販売店でも「工事なしでは販売しない」という販売店もあります。なので、購入する販売店選びには注意が必要です。また、トラブルなく無事にサシカエを行うために、中古でも保証が付いている販売店で購入する方が安全と言えますね。

 

条件2:NTT以外のメーカーであること

ここで注意していただきたいのは、NTTではサシカエできないということではありません。NTTの場合は条件が異なるため、混乱を招いてしまわないよう、今回の条件としてはNTT以外のサシカエ方法とさせていただきます。NTT以外の主要メーカーには、SAXA、NEC、岩通、パナソニック、日立、ナカヨ、富士通などがあります。

<参考>NTTのビジネスホンを自分でサシカエてみた—15分で誰でもカンタンに出来る6ステップのサシカエ術を公開

 

それでは、条件を確認したところで、実際にビジネスホンをサシカエしてみましょう。※今回はサクサの「TD615(W)」という機種を使用します。

 

【ステップ1】購入したビジネスホンが、壊れているビジネスホンと同一型番なのを確認しましょう。

 

【ステップ2】故障したビジネスホンから電話線を抜きましょう。

電話線のツメを折らないように気を付けて抜きましょう

電話線を抜くと液晶画面が消え、ビジネスホンはまったく動作しなくなります。

次に購入したビジネスホンを出します

 

【ステップ3】故障したビジネスホンと同じところに電話線をはめ込みます

「カチッ」と音がするまではめ込むことが重要です

 

【ステップ4】画面が映ったら通話が出来るのを確認します

通話が出来るようになったら、サシカエ完了!10分で簡単にサシカエできましたね!

 

まとめ

サシカエに必要なビジネスホンの条件は2つ。同一機種の同一型番であること。NTT以外のメーカーであること。条件が揃わない場合は、自分でサシカエするのではなく工事を依頼するのが得策です。サシカエは工事費用を掛けないための手段のひとつなので、確実性を求めるならプロの工事店に依頼する方が良いでしょう。NTTのサシカエ方法はまた別の機会にお伝えします!

 

もっと詳しく知りたい方は美品宣言★が運営する

故障したビジネスホンはサシカエできる「サシカエGO」までお問い合わせください!

 

<追記>
NTTのサシカエ方法を公開しました。NTTをご利用中の方は、こちらを参考にしてみてください。

NTTのビジネスホンを自分でサシカエてみた—15分で誰でもカンタンに出来る6ステップのサシカエ術を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly