トラブル解決!ビジネスホンの「ディスプレイ」が表示されない時の原因と対策

       

       
2+

会社での電話業務で毎日使う、便利なビジネスホン。
そのディスプレイにはさまざまな情報が表示され、電話を掛ける際には必ず見る場所ですよね。待機画面には日付や時刻も表示されるので、時計代わりにしている方もいるのでは?

そのディスプレイが、突然表示されなくなってしまったらどうすればよいのでしょうか。

本記事では、その時の原因と対策について解説しています。

昨日までふつうに使用していたビジネスホンのディスプレイが、突然表示されなくなって困っている。

そんなトラブル時に、ぜひお役立てください。

※なお、ディスプレイを表示させるには、NTTに「ナンバー・ディスプレイ」の申し込みをしなければなりません。
まだ契約がお済みでない方については、「【2019年12月更新】表示されない原因とは?―「ナンバー・ディスプレイ」の意外な3つの落とし穴とその対策」をお読みください。

※また、NECのAspireXシリーズをお使いの方で、ディスプレイが映らないとお悩みの方は「AspireXのディスプレイ故障は修理可能?意外な原因と対策方法【DT-300】」が役立つかもしれません。

ビジネスホンはどういう仕組み?

はじめに、ビジネスホンの仕組みを簡単にご説明します。

ビジネスホンは、一般的な家庭用電話機とは異なり、電話回線と電話機の間に主装置が入ることによって、ひとつの電話回線で複数の電話機を利用できるシステムです。

<引用> ビジネスホンはなぜ高額なの?その理由と安価に導入する方法を解説!

ビジネスホンの配線は、以下のように接続されています。
①電話回線 → 主装置 → 
②ケーブル → ローゼット(配線と各機器を接続するための小型機器) →
③ケーブル(機ヒモ) → 電話機

ビジネスホンの仕組みを、なんとなく理解していただけたでしょうか?
それではさっそく、ディスプレイが突然映らなくなってしまった原因と対策を探っていきましょう。

ビジネスホンのディスプレイが映らなくなった時、最初に確認すべきこと

ビジネスホンのディスプレイが突然映らなくなったら、まずは

すべてのビジネスホンのディスプレイが映らなくなったのか、
自分のビジネスホン1台だけが映らなくなったのか、

を確認しましょう。

確認する理由は、ディスプレイが映らないのが複数台なのか1台だけなのかで、原因を特定することができるからです。

まずはすべてのビジネスホンのディスプレイが映らない場合の原因と対策をお伝えします。

すべてのビジネスホンのディスプレイが映らない場合

原因:主装置に問題がある

すべてのビジネスホンのディスプレイが映らない場合には、主装置になんらかの異常が発生している可能性が高いと言えます。

主装置周りのことなので、先ほどの図における
①電話回線 → 主装置 → 
②ケーブル → ローゼット(配線と各機器を接続するための小型機器) →

の部分に原因があると特定できます。

対処方法:主装置本体を再起動する

いったん主装置の電源をオフにし、10分程度待ってから再起動してみると、ディスプレイが映るようになる可能性が高いです。また、念のため電話回線が引き込み口から主装置に正しく接続されているか、断線していないかなども確認してみましょう。

それでも直らない場合

対処方法を試してみても直らない場合には、主装置本体もしくは内部のユニットの故障、あるいはケーブルやローゼットに断線・破損が発生している可能性があります。この対処は素人では難しいため、早急に工事依頼をして、技術者を派遣してもらうのがよいでしょう

電話工事ジャパンバナー
画像クリックで見積フォームへ


自分のビジネスホン1台だけディスプレイが映らない場合

原因:ビジネスホン本体に問題がある

自分のビジネスホン1台だけディスプレイが映らない場合には、ビジネスホン本体になんらかの異常が発生している可能性があります。

下図のなかの、
③ケーブル(機ヒモ) → 電話機
の部分に原因があると言えるでしょう。

対処方法:ケーブルをチェックする

1台だけディスプレイが映らない場合、故障ではなく、汚れが溜まっている・ケーブルが抜けかけているだけという可能性もあります。ローゼットから電話機までのケーブルを一度抜いて、挿口が汚れていたら軽くふき取り、再度カチッと音がするまでケーブルを挿し直してみましょう。

また、ケーブルに破損が無いかチェックしてみましょう。明らかに破損がある場合には、交換することで改善される可能性があります。ケーブルは、ビジネスホンの配線部材を販売しているフラット屋で購入できます。

それでも直らない場合

対処方法を試してみても直らない場合には、自分のビジネスホン1台だけが故障しているのかもしれません。

ビジネスホンの修理は、主装置同様に専門的な知識を要する点から、ご自身で行うのは避けたほうがよいでしょう。

対処方法としては、お使いの電話機が保証期間内であれば無償での修理や交換を受けられますので、メーカーに修理依頼をするのがベストです。

しかし、保証期間外となってしまうと、症状にもよりますが2~3万円の修理費用の負担があります。
突然の支出としてはなかなか痛いですよね。

実は、電話機1台の故障であれば、修理に出すよりも、新しいものに買い替えて自分で交換するほうが安価に済むケースもあります。

「自分でビジネスホンの交換ってできるのかな?」と思われるかもしれませんが、今使用しているビジネスホンと同一型番の製品を用意すれば、自分で簡単に交換できます

ビジネスホンの交換方法に関してはこちらの記事をご覧ください。

NTTのビジネスホンをお使いの方はこちら▼
5分でできる!NTTのビジネスホンを自分で交換する方法

NTT以外のビジネスホンをお使いの方はこちら▼
ビジネスホンを自分でサシカエてみた-プロが教える10分で出来る簡単4ステップのサシカエ術

しかし、新品のビジネスホンが意外とお値段が張りますよね。
本当に買い替えの方が安いの?と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

その理由を次章にて解説します。

ビジネスホン1台の故障なら「中古美品」を活用して安価に解決!

故障してしまったビジネスホンを、修理に出すより安価に元に戻すには、「中古品」を利用する手があります。

中古ビジネスホンは、新品市場価格の半額以下で取引されることもあり、価格面で言うと非常にリーズナブルなのです。

しかし、中古品は状態の良いものばかりではないのも事実で、動作確認されていない、かなり使用感があるようなものも出回っています。

安価に入手できても、ちゃんと動かないとなっては困りものです。
買い替えるなら、動作保証などしっかりした専門店のものが望ましいですよね。

その中でもオススメなのが、当ブログの運営元・美品宣言★発「中古美品ビジネスホン」。

中古品を安心して利用いただけるよう、「美品宣言5箇条」を設けるなど、さまざまな取り組みを行っています。

美品宣言5か条
画像クリックで詳細ページへ(外部サイト)

さらに、メーカー同等の1年保証が付与されており、ご購入後1年以内であれば無償での修理・交換ができます。「美品でない」と判断したら無償での交換が可能な当店オリジナル保証も。

保証
画像クリックで詳細ページへ(外部サイト)

コスト面では中古価格で入手できるため、まさに「中古と新品のいいとこどり」をしたのが、「中古美品ビジネスホン」なのです。

「美品宣言★」は、メーカーごとにショップが存在しています。

今お使いの機種も探しやすくなっていますので、ぜひご自身が利用されているメーカーのショップで、写真や価格をチェックしてみてくださいね!

ビジネスホンのディスプレイには多くの情報が表示されますので、業務を円滑に進めていくうえで非常に重要な部分です。

安価かつ新品と相違なく使える中古美品ビジネスホンを活用して迅速にトラブルを解消し、ストレスなく業務をこなしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!
それでは皆さん、快適なビジネスホンライフをお過ごしください。



◆お問い合わせフォーム

この記事に関するご質問やご相談は、以下のフォームへお気軽にお問い合わせください。
通常、お問い合わせへのご返信は2営業日以内を心がけております。

数日経過いたしましても返信がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに間違い、又はお客様のメールサーバーなどにより自動的に「迷惑メール」として格納または削除された可能性がございます。



2+