テレワークに最適!注目集まるビジネスホンの「スマホ内線化」とは?

       

       
2+

昨今、多くの会社がテレワークを取り入れ始めています。リモートワーク、在宅勤務とも言われますが、働き方の変化に伴い、職場環境の改善に頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。

その最たる事例が「電話」だと言われています。会社にかかってきた電話は、会社に行かないと出られません。
そのため、せっかくテレワークになっても、結局誰かが出社しなければならない事態に。

「会社への電話も、自宅で受けられたらいいのに…」
そんな風に思っていませんか?

そのお悩みは、「スマホ内線化」によって解決できます。
誰もが持っているスマートフォンを「内線化」する?
テレワーク需要の増加に伴い、よく耳にするワードとなっていますが、その実態はどのような仕組みなのでしょうか。

今回は、テレワーク時代だからこそ取り入れたい「スマホ内線化」について解説していきます。


あわせて読みたい!
ビジネスホンと携帯電話(スマホ)を連動させる機能、「モバイルリンク」のケータイ内線化で業務効率化!


「スマホ内線化」とは?

「スマホ内線化」とは、スマートフォンが会社のビジネスホンと同じように使えるようになることを指します。

会社への電話を自宅や外出中でもスマートフォンで取ることができるほか、スマートフォンから取引先に会社電話番号を通知しての発信が可能です。
また、ビジネスホンならではの外線・内線・転送といった操作も、スマートフォンで行えます。

従来のビジネスホンシステムは、社内に構築している通信環境に依存するため、社外では当然使用することができません。

それに対して、スマートフォンがあればどこにいても電話対応が可能になる「スマホ内線化」は、テレワークの推進に伴う電話業務の悩みへのダイレクトな解決策なのです。

具体的に「スマホ内線化」を実現させるにはさまざまな方法があるのですが、今回はNTTの専用アダプターである「MB500」を使用した「スマホ内線化」の方法について解説していきます。

「スマホ内線化」に役立つMB500とは?

「MB500」は、NTTから発売されているスマホ内線化機能を利用するための専用アダプターです。内線化したいスマートフォンに専用アプリケーションをインストールし、MB500に登録することで、晴れて「スマホ内線化」を利用できるという仕組みになっています。

MB500を使用した「スマホ内線化」

MB500を使用した「スマホ内線化」では、インターネット回線を介してスマートフォンからMB500にアクセスすることで、ビジネスホンとしての利用が可能になります。

つまり、スマートフォンとインターネット回線さえあれば、どこからでもビジネスホンの機能を利用することができるのです。

手軽に利用できて、テレワークとの相性も良さそうですね。
ここからは、MB500を利用することで得られるメリットについてお伝えしていきます。

「スマホ内線化」でMB500を利用する4つのメリット

①カンタンに取り付けできる

MB500は、先述の通りビジネスホンの主装置に接続して利用するため、設置工事のみで大掛かりな配線工事は不要です。業務時間中にさくっと作業してもらえるのは嬉しいですね。

②内線にかかるコストを縮小できる

「スマホ内線化」をせずに、社内のビジネスホンからテレワーク中の社員のスマートフォンに電話をかける場合、外線通話となるため、通話料の発生を免れません。

それに対して、「MB500」を使用してテレワーク中の社員のスマートフォンを「内線化」することで、社内と同じようにコストのかからない内線通話が利用できます*

*ただし、先述のように「MB500」はインターネット回線を介して使用するアダプタであるため、社内・テレワーク環境ともに無線LAN環境が整っていることが必須です。

③スマートフォンひとつで利用できる

オフィスに主装置とMB500が設置・接続されていれば、テレワーク環境にはスマートフォンひとつあれば利用可能です。ビジネスホンのメーカーによっては、アクセスポイントを設置しなければならないケースもありますが、NTTはMB500を使用することでそのような手間を省けます。

④ビジネスホンを処分せずに済む

もともとNTTのビジネスホンを使っているという場合は、MB500をそのまま従来の主装置に取り付けるだけで設置できます。ビジネスホンや主装置を買い替えるわけではないので、処分する手間も省けます

MB500でスマホ内線化を利用するためには

「MB500」は、NTTのビジネスホンであるαN1シリーズαA1シリーズ、αNXⅡシリーズの主装置に取り付けることで、スマホ内線化機能を利用できます。

今現在、どちらかの機種を使用している方は、MB500を購入して設置工事を行うことで、すぐに「スマホ内線化」を始められます。

また、これから新しく導入される方は、中古電話機販売店「美品宣言★」で、お得にこれらの電話機をご購入いただけます!

<αN1シリーズ>

中古価格108,600円~(電話機3台/工事なしの場合)
「美品宣言★」でαN1シリーズのセットを見る

<αA1シリーズ>

中古価格37,000円~(電話機3台/工事なしの場合)
「美品宣言★」でαA1シリーズのセットを見る

<αNXⅡシリーズ>

中古価格59,600円~(電話機3台/工事なしの場合)
「美品宣言★」でαNXⅡシリーズのセットを見る

<MB500>


「スマホ内線化」はテレワーク時代の新しい電話術です

「スマホ内線化」について解説しました。
スマートフォンを内線機として使用できれば、テレワーク中でもビジネスホンの機能を使用して会社の電話を受けることができます。
時代の流れに合わせて、オフィスの垣根を超えた環境構築をしていきましょう!

今回はNTTのビジネスホンと、専用アダプターの「MB500」を使用したスマホ内線化事例をご紹介しましたが、NEC、サクサ、日立などの他メーカーでも「スマホ内線化」の設定ができます

ご質問やご相談がございましたら、下記のフォームよりお気軽にご相談くださいませ。



「スマホ内線化」に関するお問い合わせはこちら

この記事に関するご質問やご相談は、以下のフォームへお気軽にお問い合わせください。
通常、お問い合わせへのご返信は2営業日以内を心がけております。

数日経過いたしましても返信がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに間違い、又はお客様のメールサーバーなどにより自動的に「迷惑メール」として格納または削除された可能性がございます。



ビジネスホンの「ビ」を運営する美品宣言★では、NTT、SAXA、NEC…などなど、
各種中古美品ビジネスホンを取扱中!
メーカー別に店舗がございますので、わからないことがありましたらお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

<中古ビジネスホン取扱店舗>

<周辺機器取扱店舗>

<工事・買取>

<プロ専用卸売店>



2+